読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

彼の両親にご挨拶

さすがり婚からのマタニティライフ

本日はついに彼のご両親と初対面の日でした。

f:id:ohr-yumi:20170305093710j:plain


事前の彼からの情報では

・両親ともにあまり愛想はない

・今まで彼女を連れていってもお母さんと仲良くなった人はいない

・お父さんも口数が多い方じゃない

・お願い事をする時は、親にでも敬語を使いなさいって言われて育った

などなど、私の家族とは全然違って、どう思われるのかがすごく不安でした。

まぁ、基本的に他人にどう思われようがあまり気にしない性格ではあるので、猫を被って好かれようとは思わない訳ですが、
これからずっと付き合っていく義理父母になる方とは出来ればいい関係を築きたいと思い。。。

ランチを一緒に!との事で、彼の実家の近くのお店に連れていってもらいました。

「最初から自宅でご飯だと気を使うでしょ!」
とお義母さんの配慮があったみたいで。

すごくありがたい気遣い‼︎


実際お会いしてみると、聞いていたのとは違って、ご両親共に結構お話してくれました。

気を使ってくれていたみたいです。

お母さんもドライな感じでしたが、いい意味でサバサバした方で、
個人的に発言がツボな所も。

向こうの反応は分からないですが、私的にはうまくやっていけそうな感じで、とりあえずホッとしました╰(*´︶`*)╯

「今度はうちにも来てね!」
というお義母さんの言葉が、ちょっと受け入れてくれているようで嬉しかったです。

次は来月、両家の顔合わせ(ノ_<)
まだまだやる事いっぱいです。。。


妊娠11週目の北海道出張

先週金曜日から北海道に来ています。


出張です。。。お仕事です。


妊娠がわかった時に、


「来月出張があるんですけど行っても大丈夫ですか?」


と聞くと、


「アラスカでも行くの?国内なら大丈夫だよ」


と余裕の反応が。


それに勇気をもらって予定通りのスケジュールにしていましたが、


分娩予約に別の病院に行った時に、「安定期に入るまでしばらくは旅行とかは控えてね!」

との厳しいお言葉が_| ̄|○


「旅行ではないんですが、来月北海道出張が…」と気まずそうにいう私をみて、スパッと


「流産しても会社は責任を取ってくれないからね」

とまたもや、厳しいお言葉‼︎


そーなんですよね。。

今無理しても、、でも代わりが。。。


大丈夫かなと思いつつ、後で後悔が辛いので、上司に相談し、弾丸の北海道遠征コースから、札幌、苫小牧だけに短縮してもらいました。


後は後輩にお願いすることに。


まだ理由も話せないから色々な事が面倒で。


土日も宿泊オッケーという許可を貰って、前半のコースは何とか仕事しました。


体調的にはつわりが少し辛く、食べる事がこんなに辛いことかと初めて思いました。


11週目あたりがつわりのピークって本当なんですね!


周りには美味しいものがたくさんあるのに食べれない。


さっぱりしているお寿司も体調的には最も受け入れられるものなのにナマモノなので、食べられない。


元々お刺身、お寿司が大好きなだけに北海道でナマモノが食べられないのは辛い‼︎


次はいつ来れるんだろう。


月に一度の頻度で来ていた北海道がもうしばらく来れないのは寂しいですね。。


土日もあまり出かける体力はなかったのでほとんどホテルにいました。


プライベートで必要な資料作ったり読書したり。


後は、北海道にいる知り合いとご飯に行きました。


日曜日の夜には何と焼肉が食べれたんです!



すごい!自分でもビックリ!

週末はあれほどしんどかったのに。


今日もお仕事して、これからやっと東京に戻ります。


お腹の赤ちゃん元気かしら。


次の検診までまだ1週間以上あるので心配です。


※写真はちょこっとだけ見に行った雪まつり風景♪


f:id:ohr-yumi:20170206150525j:plain

実家へ結婚のご挨拶

授かり婚の入籍はいつにしましょう?


早めがいいですが、まずはそれぞれの実家に挨拶と顔合わせを済ませてから。


私の実家が遠いので、お互いの仕事のスケジュールと親のスケジュールを考えると早くても2ヶ月後になります。


1月上旬に妊娠が発覚し、まずは1月末に私の実家に挨拶に行って来ました!


新大阪まで2時間半。

そこからレンタカーを借りてさらに2時間くらいかかるようなど田舎にウチの実家はあります。


前日の夜に近くのホテルに宿泊し、お昼ご飯をうちの実家で食べました。


私は母子家庭で、母、祖父、祖母が実家にいます。


更には姉夫婦もわざわざ帰って来てのご挨拶になりました。


大黒柱のような存在の祖父は完全に人見知り。


ほとんど話さず、なぜかご飯も別で食べました。


妊娠の事も中々切り出しづらかったですが、私から伝えると


「そうか」


のみ‼︎


代わりに義理兄がいつもになく喋ってくれました。


とりあえず彼と私の家族との顔合わせ的なことは出来たので、私の実家の挨拶はこれで終了!ww



その後は、実家から車で15分くらいの母の実家に行き、おばあちゃんにご挨拶。


結婚も妊娠も誰よりも喜んでくれたので、おばあちゃんには会いに行きたくて。


いつもは畑で仕事中の所に顔を見せに行く程度なのに、

事前に行く事を伝えておいたせいで、

母の兄、妹夫婦、さらにいとこ2人も一緒にお家でご挨拶‼︎笑


お茶と羊羹まで出て来ました。。


挨拶第2弾的になってしまい、彼は相当精神的にも疲れたでしょう。。


ごめんなさい。。。


私は中々会えない親族にたくさん会えて良かったけれど。



さて、2月中には次は彼のご両親にご挨拶です。


今度は私が緊張する番(ノД`)

f:id:ohr-yumi:20170205135731j:plain


不安だらけな妊娠初期

yumiです。


あっという間に1月も最終日になりました。。

私のベビさんも11週目です。


妊娠初期は不安だらけですね。

まだ胎動が感じられず、日々、元気に育っているのか心配になります。

7週目くらいの時に、変なおりものが出て、さらにその日だけなぜかつわりが全くなかったので、流産かと思いすごく不安になって翌日病院に駆け込んだ事があります。

結果、元気にすくすく育っていたのですが、流産の可能性が10%〜15%と聞くと本当に不安になります。

でも、お母さんが不安ばかり感じていると赤ちゃんに良くないですよね!


つわり中は食べ物も食べられるものを食べて入ればいいようです。

看護婦さんからそう言ってもらえて心が軽くなりました。

バランスの良いものを食べる事が1番ですが、この時期って食べられるものが限られていて。

数時間前は「夕ご飯にこれ食べよう!」と決めていても実際ご飯の時間になると食べれる気分じゃなくなる事も多々あって。


飲み物もカフェインを気にしすぎるとかなりのストレスです。。。


「妊婦だから●●●しないといけない」とかmust的な事ばかり思っているとそのストレスが赤ちゃんにも伝わってしまいます。


周りの先輩ママ、実家の母などに相談しながらあと数ヶ月楽しいマタニティライフを送っていこうと思います。

こんなにもずーーっと赤ちゃんと一緒に居られるのは今だけでしょう!
女に生まれた特権です♡

f:id:ohr-yumi:20170201083636j:plain



彼にカミングアウト

妊娠が発覚した夜、彼の家で妊娠を報告。


どんな反応をされるのかが怖すぎて、カミングアウトした瞬間の顔は見る事が出来なかった。

でも、年末の私の様子を見ていて、もしかしたらという感覚はあったようで、
予想していたような動揺はしておらず、出てきた言葉は

「これから3人で頑張っていこう!」

即答で妊娠を受け入れてくれるという事を全く予想していなかった事と、今まで込み上げていた不安が一気に吹っ飛んで
しばらく泣き崩れてしまいました。


この人で本当に良かった。

心からそう思った日でした。


これから親への挨拶、入籍などなど、やる事がたくさん(*_*)


プロポーズは曖昧なまま、私の結婚は決まりましたww

f:id:ohr-yumi:20170128102537j:plain

妊娠発覚

初めまして。yumiです。


今日からマタニティblogをスタートします。

出産後は育児blogにする予定。


継続が苦手な私が育児blogまで到達するか乞うご期待下さい。


第1回目は妊娠発覚について。


生理が遅れていたことと、年末から体調不良が続いたことで妊娠疑惑浮上!


年明け早々に検査薬を使うと思いっきり陽性反応が(O_O)


お正月休みで病院が閉まっていたので、年始最初の診察日に病院に駆け込みました。


結果、妊娠6週目である事が発覚。


お医者様からは「おめでとうございます」と言われましたが、、、


複雑な涙がこみ上げてきました。



それは、私がまだ未婚者であるから。



お付き合いしている彼とは近いうちにお互い結婚の意思はありましたが、まだまだ何も細かいことは決めてない段階でのこの事件。


私は今年の3月で会社を辞め、起業準備をすると共にフリーパテシエの彼のお仕事も手伝っていこうとしていた所。


もしも妊娠が確定したらこの予定は完全に狂います。。


この先、どうすればいいのか、相手は妊娠をどう思うのか、頭の中が混乱。


でも、そんな中でも赤ちゃんを授かれた事の嬉しさ、まだ1cmにもなってない我が子のエコーを見て、早くも母性は湧いてきました。


まずは彼に報告をしないと!


どんな反応をされるか、なんて言われるかすごく怖いけれど、

妊娠発覚から数時間たった私はもう産む事しか考えていませんでした。


育てていけないと言われたら田舎に帰って産もう!

そんな事も頭をよぎっていました。



次回は「彼にカミングアウト」編で!

f:id:ohr-yumi:20170126152518j:plain